CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode

今日のひとこと<桃源山 明覺寺>

「桃源山 明覺寺」の住職が日々感じたことを綴ってゆきます。
<< 明覺寺 子ども会 | main | 研修会にて >>
盂蘭盆会

明覺寺では、

毎年8月15日に

盂蘭盆会の法要をお勤めいたします。

今日も、お参りの皆さまとご一緒におつとめでき

ありがたいことと感謝の1日となりました。

 

 

この「お盆」は、

目連尊者(もくれんそんじゃ)が、

餓鬼道に堕ちた亡き母を救おうと、

食べ物を与えたのですが

救うことができず、

お釈迦様のお導きに従い、

多くの僧侶に供養することによって

母を救うことができた(その日が旧暦7月15日)

というから起った行事、

「盂蘭盆会」のことです。

 

一方で日本の民俗信仰では、

古来より

七月十五日に先祖の霊を祀るという

風習がありました。

この風習と合わさって、

「お盆」が

日本特有の仏教行事として

行われるようになったと言われています。

 

お盆には精霊棚を用意し、

精進料理のお膳

また野菜や果物を供え

先祖の霊をもてなして

追善供養をするという慣習もあります。

 

しかし浄土真宗には

このような慣習はなく、

特別なお飾りもいたしません。

 

お盆は

ご先祖を敬い

の報恩思いから仏法を聞かせていただき、

阿弥陀さまのおはたらきによって

救われることを慶ぶのが

浄土真宗のお盆です

 

ですから、

お先祖様の霊にではなく、

ご本尊の阿弥陀さまのおこころを仰いで

お供えするのが本来です

彼岸法要やお墓参りと同様に

先祖供養ではなく、

いただいたご縁に改め感謝する機会だと

理解していただければと思います。

 

| 今日のひとこと | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | |









http://blog.meikakuji.main.jp/trackback/720