CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode

今日のひとこと<桃源山 明覺寺>

「桃源山 明覺寺」の住職が日々感じたことを綴ってゆきます。
<< おたより10号より | main | 報恩講法要(おたより11号より) >>
一期一会

一期一会は仏教用語ですか?」

と聞かれることがあります。

 

 「一期」(いちご)はもともと仏教用語で、

生まれてから死を迎えるまで、

つまり人の一生、

一生涯のことを意味します。

 

また、法座の集まりのことを

「一会」(いちえ)と申します。

しかし「一期一会」という成句

茶道から生まれたことばです。

 

千利休の弟子であった山上宗二が、

利休のことばとして

「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、

一期ニ一度ノ会ノヤウニ、

亭主ヲ敬ヒ畏(かしこまる)ベシ」

と顕わしたことに始まり、

江戸時代末期になって、

井伊直弼が、著書『茶湯一会集』に

茶の湯の一番の心得を

「一期一会」と表現したことにより、

広く一般に使われるようになりました。

 

茶会に臨む際には、

その機会は一生に一度のものと心得て、

主客ともに互いに誠意を尽くせ」

という意味ですが、その精神は、

まさに仏教で言うところの

「諸行無常」の世界に

通じるところがると言えるでしょう。

 

今会っている人とは、

また会うこともあるかもしれませんし、

もう会えないかもしれません。

 

そこで忘れてはならないことは、

また会えるかどうかではなく

「今」というときは「今」しかない、

つまり

一生に一度ということです。

 

多くのご縁によって共に過ごす時間は、

二度とやって来ない貴重な機会です。

の中で、

人のこころを傷つけたりすることのないよう

常に向き合い

お互いの気持ちを大切にすることを

心掛けていたいものです

 

| 今日のひとこと | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) | |









http://blog.meikakuji.main.jp/trackback/705