CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode

今日のひとこと<桃源山 明覺寺>

「桃源山 明覺寺」の住職が日々感じたことを綴ってゆきます。
<< 伝灯奉告法要 | main | おたより10号より >>
お聴聞
今年は9月から曇天が続いています。
それでも、
つかの間の青空を見上げますと
うろこ雲が浮かび、
秋の訪れを知ることができ、
移ろいゆく季節、流れ行く時を想います。
秋季彼岸会もあいにくの曇り、
そして午後は雨となりましたが、
お参りくださいました皆さまと
ご一緒にお勤めさせていただき、
ありがたい法要となりました。
また、この彼岸会には副住職が、
「法話」についてのお話をさせていただきました。
法話を伺うことを「お聴聞」と申しますが、
浄土真宗の教えは、
お聴聞に尽きると言われております。

 

お聴聞のご縁をいただきますと、

「南无阿弥陀仏」とはどういうことなか、

どうしてお念仏ひとつで凡夫が救われるのか、

また、

救われるということはどういうことかなど、

布教使の方々や諸先生方が、

仏さまのお話を、

私たちの日常などを事例に

分かりやすくお話くださいます。

 

そのお話は仏法を学ぶということではなく、

仏さまの呼びかけを知って、

我が身を振り返り、

さまざまな気づきをいただけるという意味で、

お話をありがたく聞かせていただくことができるのです。

 

何かと雑多なことに追われ、

こころ静かに耳を傾けることが

難しくなりつつある今の日常。

そのような時代であるからこそ、

お聴聞が大切なのだと思います。

 

明覺寺でも、

そのような機会を増やしてまいりたいと考えております。

皆さまのお参りをお待ち申し上げます。

 

合掌

| - | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | |









http://blog.meikakuji.main.jp/trackback/703