CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode

今日のひとこと<桃源山 明覺寺>

「桃源山 明覺寺」の住職が日々感じたことを綴ってゆきます。
<< 総長談話 | main | [縁起」 >>
被災地の今・・・

晴れた日は

夏を思わせるような陽射しとなり、

雨が降れば

蒸暑さを感じるころとなりました。

これから、

更に気温も上がり

やがて梅雨を迎えることを考えますと、

熊本大地震で

被災された方々のことが気にかかります。

 

『熊本名物の路面電車が、

ガタゴトと音を立てながら

何食わぬ顔をして市街地を進む。

人通りこそまばらだが、

街の表情は、

ここが最大震度7を観測した

「被災地」であることを

忘れさせるほど穏やかだ。

と、突然、

ケータイが不気味な音をたてる。

緊急地震速報だ。』

・・という文章で始まるリポート

目に留まりました。

 

東北大震災のような

津波がなかったのは幸いだったとも言われ、

一見は平穏に見える町ですが、

今も続く余震で

倒壊する危険性のある家屋は

一万四千

東北大震災をしのぐ数に達するそうです

 

過去の災害の経験が生かされ、

全国の行政からの迅速な支援や

自衛隊の災害復旧活動によって、

電気、水道、ガスの復旧で、

スーパーやコンビニなどの営業が、

早い時期に再開できた

という事実はあるものの、

未だに一万人を超える方々が

不自由な避難所生活を

余儀なくされておられます。

 

そして、更に深刻なのは、

「天井のある所で寝たくない」と、

車中生活を続けておられる方が多く、

その人数

行政も把握できてないということです。

 

暑くなり、その上に雨が降れば

車の中での生活が、

心身共にどれほど大変かということは

容易に想像できます

 

一日も早く

「安心の空間」が

整備されることを願っています 

 

合掌 (住職)

| 今日のひとこと | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | |









http://blog.meikakuji.main.jp/trackback/694