CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode

今日のひとこと<桃源山 明覺寺>

「桃源山 明覺寺」の住職が日々感じたことを綴ってゆきます。
<< おたより第10より(夕方市) | main | 『教行信証』のおことば(四) >>
おたより11号より
街路樹も秋色に染まり
朝夕の風も冷たくなってまいりましたが、
皆さまにはお健やかに
お過ごしのことと存じます。
 
さて、11月11日、
第二回「明覺寺・夕方市」が開催されました
その日の朝刊に
「夕方市」のことが掲載されたこともあり
販売開始の30分前ころから列ができ、
たくさんのお野菜が
あっという間に売り切れてしまいました。
とち餅、佃煮、お味噌、お米なども
2時間足らずのうちに完売し、
京都村の方々も
とても喜んでおられました。
 
今回は、
綾部、福知山周辺の農村から
お野菜が運んでこられましたが、
その農村のひとつ、
綾部市睦寄町古屋(ムツヨリチョウコヤ)は、
5世帯・6人という超過疎化の集落です
しかも5
80歳以上というご高齢なのですが、
古くから伝わる技術を伝承しながら、
栃の実を使った特産品を開発され
厳しい自然のなかで、
お餅やおかき・あられなどを作っておられます
 
古屋の方々の笑顔のお写真を拝見しながら
自然の恵みへの感謝とともに、
力強く生きておられる方々に、
こころから敬意を表したいと思いました。   
 
合掌
 
| 今日のひとこと | 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) | |









http://blog.meikakuji.main.jp/trackback/673